トピックス

相続税がかかる人が増加。

2018年12月25日

相続税が増税されたことで課税割合が急増、全国では8.1%、東京では12.8%に上っています。

自分たちには相続税がかかるのか、払えるのか、そう心配する人がふえています。が、相続税についての知識は不足しているケースも多く、「法定相続人の範囲や軽減措置などまずは相続税についての基本的な理解をすること」が第一歩です。

相続税がかかるかどうかを知るには相続財産を把握することが必要です。相続財産の中心が土地、建物と言うケースも多く、この場合、自宅の評価額を知ることでおおよその目安が付けられることもあります。

相続税の基礎控除額は、計算は以下の式によって計算できます。

3000万円+法定相続人×600万円=基礎控除額

ですから、仮に奥さんと子供2人の場合、
3000万円+3人×600万円=4800万円 となります。 ご自宅の評価額(路線価などで推定)がこれに近いようですと、相続税を払わなくてはならない場合もありますので、専門家へのご相談をお奨めします。
弊社でも、簡単な計算はできますし、税理士や不動産鑑定士など専門家ともタッグを組んでいますので、お気軽にご相談ください。


トピックス一覧へ戻る